中学受験突破のための方法

現在は日本国内で2割近くの小学生が中学受験を目指すことになっています。しかしながら独学でこれをクリアするのは非常に高いハードルになっています。

そこにはもちろん大きな理由があります。それは私立中学の受験が小学校の授業の延長ではないからです。あくまで、特殊の受験テクニックを必要とする問題が用意されており、そこをクリアできる能力が必要になるため、学校の授業の予習復習だけでは太刀打ちできないこともあるのです。

そこで重要になってくるのが中学受験対策の塾に通う事です。もちろん、塾に通うだけで中学受験がクリアできるわけではありません。子供の適正に合った学習を行い、志望校の過去問題を解いたりすることでようやくその高いハードルをクリアすることができるようになるわけです。

そして、何よりも重要な事は子供に対する動機付けです。小学生が自分自身で自分の進路を決められるかどうかは非常に疑問なところです。小学校の低学年から中学年と言うレベルでは親の考え方を子供にうまく伝え、子供がそこに賛同することができるかどうか、その1点に絞られるのではないでしょうか。この合意ができ、動機付けができた上でようやく塾に通うことがメリットになってくると思います。